乳酸菌サプリランキング -効果・効能と人気製品比較-

画像

温かいほうが乳酸菌の効果は発揮しやすい?

乳酸菌を摂取する場合はその温度にも注意したほうがいいといえます。
その理由は、温度によっても効果の度合いに違いが出てきてしまうからです。
簡単に言ってしまうと、乳酸菌を摂取する場合は、入っている食品などが温かい状態である方がいいのですけれど、このときに注意が必要なのは、温度をあまりにも高くしすぎると死滅してしまうということです。
その温度がどれくらいのものなのかというと、乳酸菌は大体40℃くらいが一番増殖しやすいとされていますから、これがつまり一番効果を発揮しやすい温度ということになります。

では、温度をどれだけ上げると乳酸菌は死んでしまうのか、ということについても考えて見ます。
大体60℃くらいになると死に始めますが、60℃だと完全に死滅するまでに30分ほどの猶予があることがわかっています。
80℃ではそれよりももっと早い時間で、だいたい10分程度で死亡してしまいますが、100℃まで達してしまうと一瞬で乳酸菌は死亡してしまうことになります。

ですので、生きたまま腸に届けたい、さらには最も効果を発揮する状態で摂取したいと考えた場合は、40℃を目安とした温度調整を行うことが必要になってくるでしょう。
乳酸菌が含まれている代表的な食品がこちらで紹介されていますのでご覧ください。
しかし、乳酸菌の効果は死んでしまうと完全に消えてしまうわけではないのです。
それはどういうことかというと、乳酸菌を形成する成分が腸に吸収されることで、それ自体が人間の体に有益な効果をもたらしてくれるのだということがわかっているのです。

なので、乳酸菌を加工して摂取しようとする場合でも、まったく効果が得られないというわけではないので、あまり気にする必要はないといえます。
乳酸菌は毎日摂取することでその効果を確実に発揮してくれることになります。
つまり、乳酸菌による効果を期待するのなら、毎日の食生活の中に乳酸菌の入っている食品を新たに加えるなどして工夫を重ねることが必要であると思います。

▼乳酸菌のメリット・デメリットはこちら

Contents

飲んで検証!
プロバイオティクス!

Ranking

    人気1位!!
    生命の乳酸菌

  • 善玉菌のチカラ
  • 久光製薬EC-12
  • 乳酸菌革命
  • カイテキオリゴ

Articles

Copyright© 2010 みんなに嬉しいプロバイオティクス All Rights Reserved.